鍼灸ひより堂WEB

西成区玉出の不妊鍼灸専門治療室

冨田 秀洋 - 院長(鍼灸・整骨治療責任者)

院長:冨田

  • 学校

    大阪ハイテクノロジー専門学校 卒業
    明治東洋医学院 卒業
    平成医療学園専門学校 卒業

  • 治療

    冨田秀洋 
    
    <生い立ち>
    
    神戸市東灘区魚崎で幼少期を過ごし、
    住吉川の清流での魚捕りが日課でした。
    小学5年生の時に転校し神戸市垂水区の小学校へ通うことになりました。
    垂水区の自宅は海が近く、
    自宅の庭からは明石海峡大橋が見える環境で、
    暇が出来れば海釣りばかりしていた小学生時代でした。
    中学、高校は神戸市内の公立校へ通い、
    バレーボールに明け暮れる日々でした。
    そして高校卒業間近になって将来の目標がないことに焦り出し、
    色々考えてはみましたが、結局クラブ活動しか真面目にしてこなかったため、
    選手を支える側としてスポーツトレーナーを目指すことにしました。
    
    <高校卒業後>
    
    高校卒業後は、
    大阪ハイテクノロジー専門学校スポーツ科学科メディカルコースへ進学しました。
    トレーナー専門学校時代は、スポーツトレーニングやスポーツリハビリの本を読み漁り、
    図書室や書店に通っては、指導していた高校の部活動でトレーナー実践の日々でした。
    また専門学校でお世話になっている先生方にお願いして、
    様々な治療所を紹介して貰い研修させて頂くようになりました。
    更にその先生が主催する整体の勉強会へも参加していました。
    この頃にはスポーツトレーナーという限定された場だけではなく、
    広く痛みや症状の治療をするということに興味が湧いていました。
    
    <勤務時代>
    私が最初に勤務したのは、学生時代から研修をしていた病院のリハビリでした。
    この病院では脳梗塞のリハビリから骨折などの外傷まで、
    広く一般的なリハビリテーションを担当していました。
    ただ積極的に治すというよりも、
    毎日同じようなことを繰り返す日々だったように思います。
    病院を退職後、数年の整骨院勤務を経て、国家試験の取得と開業を目指し、
    鍼灸と柔道整復の学校を受験しました。
    同時に2つの学部を受けたのですが、鍼灸学部の方だけが合格となり、
    明治東洋医学院専門学校鍼灸科に入学することになりました。
    鍼灸自体は整骨院でも目にすることもありましたし、
    実際にしてもらったことがありましたが、
    あくまで柔道整復のおまけ程度に鍼灸を考えていました。
    
    <師匠との出会い>
    
    鍼灸の学校へ入学は決まったものの、あまり鍼灸自体への興味は湧かず、
    痛みや痺れを一時的に緩和する治療法程度の知識しかありませんでした。
    東洋医学なんて殆ど知らず、中医学などという単語すら知りませんでした。
    そんな時に学生になるのなら、少しでも経済的に安定した職場をと考え、
    整形外科のリハビリ室に勤務することにしました。
    夕方まで働いて、6時から鍼灸の専門学校に通う日々でした。
    そんな時に、現在「鍼灸院 天空」の院長である卯野裕樹先生と出会いました。
    
    当時、卯野院長は阪神大震災で治療所が全壊したため、
    勤務鍼灸師として整形外科に勤務していました。
    そこで卯野院長に、
    「きちんと東洋医学を勉強したらどうですか?」
    と言われたことがきっかけで東洋医学の勉強を始めました。
    
    <鍼灸学生時代>
    学生時代は鍼灸学校へ通いながら昼間は整形外科のリハビリで働き、
    昼休みには卯野院長と鍼灸や東洋医学のお話をしたり、卯野先生の鍼治療を受けたりする毎日でした。
    私が今まで整骨院で受けていたり、見ていたりした鍼灸とは全く違う鍼灸がそこにはありました。
    
    「こんな世界があったのか…。」
    
    根本的な治癒を目的とした鍼灸治療は、患者さんのからだを内側から大きく変化させます。
    私自身もそうした変化に敏感だったこともあり、
    東洋医学的(中医学的)鍼灸治療の魅力にどんどん引き込まれていきました。
    当時、鍼灸学校の授業で東洋医学は殆ど習わず、せいぜい国家試験対策程度でした。
    当時の授業は私にとっては非常に退屈で、その分を昼休みの勉強会で満たしている状態でした。
    鍼灸学生の当時は卯野院長からお借りした本や、
    学校の購買部で買った本を深夜まで読みふけっていました。
    
    <開業>
    
    鍼灸学校を卒業して直ぐに北区中崎に、
    「鍼灸 陽和堂(しんきゅうひよりどう)」を開業しました。
    当時は自作でHTMLを組んでHPを作り、手作りですが熱い思いを毎日更新していました。
    今思えば内容的にはお粗末ですが、病に苦しむ人を治したい一心でした。
    開業当初は、私自身も自分の子どもで悩んでいたアトピー性皮膚炎や、
    一般的な肩こりや神経痛の患者さんが多かったように思います。
    最初はよく効いていると思っていた自分の鍼灸でしたが、
    時が経つに連れ徐々に治療効果に満足出来なくなってきました。
    特にそれは重症の成人アトピー患者さんや膠原病の患者さんで顕著でした。
    
    「どうして治りきらないのだろう…。」
    
    そしてたどり着いた答えの一つが、
    「もっと早い時期からの治療が必要だ。」ということでした。
    「幼少期からの治療ならもっと治療効果が出るはずだし、
     発病を未然に防ぐことが出来るかもしれない。」
    その究極の形が、母親になるべき女性の妊娠前からのからだ作りでした。
    こうしたことがきかっけで不妊鍼灸(妊活鍼灸)を多く手掛けるようになったのです。
    妊娠前からしっかりとしたからだ作りを行えば、今まで妊娠や出産が出来なかった女性でも、
    健康な赤ちゃんを授かることが出来る。
    更に出産後もお母さんや赤ちゃんの治療や健康指導が出来る。
    正に一石二鳥でした。
    こうした信念を元にして、私は15年以上不妊鍼灸の臨床を積み重ねてきました。
    今では、より自然な妊娠や出産がしたい方から、医師との役割分担をしながら、
    高度医療の補助として患者さんの苦痛を少しでも減らす治療まで広く鍼灸治療で行っています。
    勿論妊娠中や産後の養生や子育てのアドバイスまで行っています。
    これには私自身の4人の子育て体験が役立っているのかもしれません。
    
    <父の病気と栄養療法>
    
    開業の少し前に、父親にある病気が発覚しました。
    病名は特発性間質性肺炎でした。
    当時は病名すら聞いたことがない病気でしたが、今まで得た知識で東洋医学的に考えて色々治療を施しましたが、徐々に症状は進行していきました。
    数年を経過すると、父は病状の悪化だけでなく、病院で貰う大量の薬の副作用にも苦しむようになりました。
    これが鍼灸治療の限界なのか、私の能力の限界なのかと悩む日々でしたが、
    その時に栄養療法という治療法を知りました。
    栄養の摂り方だけでからだが大きく変化するなど、
    今まで自分が臨床で得てきた知識とは全く違う考え方に最初は信じられない思いでした。
    それでも藁をもすがる思いで分子栄養学の勉強を始め、父親にも栄養療法を施しました。
    すると薬の副作用でしわくちゃになっていた皮膚は潤いを取り戻し、
    パンパンに浮腫んでいた顔も綺麗になりました。
    鍼灸治療は栄養療法と非常に相性が良く、
    栄養療法で血液中に採りいれた栄養を、鍼灸治療で必要な部位に送り届けると、
    驚くほどからだの状態が変化することも、この時知りました。
    この時学んだ栄養の知識は、様々な病気や体質改善などに大きな効果を発揮しています。
    また内膜の肥厚や妊娠前の体力作りなどは、
    不妊症や不育症の改善にも大きな効果を発揮することが分かりました。
    体外受精では採卵数の増加や、卵の質を改善することも分かりました。
    今でも栄養指導は鍼灸治療に次ぐ大事な治療の柱となっています。
    
    <取得資格>
    鍼灸師
    柔道整復師
    

冨田写真 冨田写真

↑ページ先頭へ↑

冨田 恵香(とみた えみか)

冨田恵香

  • 受付担当

↑ページ先頭へ↑

ひより堂収録記事

1.鍼灸
眼科疾患
産科・婦人科
不妊症・不育症
お話
アトピー
栄養
業界裏話
子育て応援
小児疾患
整形外科疾患
誰でも分かる東洋医学
免疫
鍼灸治療
2.整骨
お話(柔整)
手技治療各論
整骨その他

冨田 秀洋
院長 冨田 秀洋

QR-CODE
スマホ等で閲覧時に
ご利用ください

総合体力研究所
:正分子療法: