収録記事
トップ
業界裏話
トップ

トレーナー

 この業界にはスポーツ経験者が結構多くいます。
未だにアマチュアスポーツでは結構活躍していたり、すでに引退したスポーツ選手などがスポーツトレーナーを目指して、鍼灸の資格を取得するのです。
ところが現実のスポーツトレーナー業界の仕事はどうでしょうか?
日本のトレーナー制度はアメリカなどと比べて非常に遅れています。
現在日本には公的なトレーナーの養成施設や資格制度はありませんし、今後も各種医療従事者の団体が今後新たな医療の資格の設置は許さないでしょう。

そのため多くのトレーナーは日本で既存の医療資格を取得するしかありません。
さらに勉強するにはアメリカに渡り、アメリカでトレーナーの資格を取得する必要があります。
ただ日本国内でこのNATAと言う資格は業界の人以外はほとんど知らないでしょう。
少なくとも鍼灸師といえば、鍼を使う仕事であることはほとんどの日本人は分かるでしょうが、NATAの資格取得者だと言ってもほとんどの人は知らないですよね。
本当は大変なことなんですけどね。(業界的には)
それは鍼灸師の免許を取るよりは恐らく大変でしょう。
  
現在トレーナーを生業としている人の中にも、将来的にずっとその職業を続けていく人は結構少ないのではないでしょうか。
これはあくまでも予想ですが、日本の場合には何らかの医療資格を持っている人が多いですから、自分で開業する人が多いように思います。
これは根拠の無いことではないんです。
実際に大阪市内でも元プロ野球のトレーナーという肩書きで宣伝
して開業している整骨院や、病院のリハビリは少なくないと思います。
中には大々的に広告に出してえらく批判されたところもありました。
(一応、これは法律上は違反と言うことになりますから。)
まぁ開業すればそんなことより患者が来てなんぼだということでしょう。
でも実際に整骨院でトレーナーとしての技術が活かせるかと言うとかなり疑問もありますが。
単純に筋力や外傷の種類のことではなく、開業している治療所には様々な患者さんが来ますから、よほど熱心に勉強しないと過去の栄光(栄光かどうかは別として)を引きずりながら生きていくことになります。
スポーツトレーナーで高血圧の患者やリウマチの患者の治療をすることはないでしょうからね。
もちろん整骨院は基本的には急性外傷の治療がメインですから建前上は良いのでしょうが、実際はそんな訳にはいきません。
ほとんどが何らかの疾患を持った方や慢性病ですから。

 以前テレビで神の手を持つと紹介されていた日本人トレーナーがいましたがこのテレビが放映されたことを後で知り、しかもそのトレーナーが鍼灸で治療すると聞いて、慌てて知り合いにビデオを借りて見たことがありましたが、このトレーナーが発した一言に非常に憤りを感じました。
その中でこのトレーナーは、

「スポーツ選手が”診れなくなったら”街中で開業でもして、一般の人でも診ようかな。」

てなことを言っていたんです。

「あんた一般の人ってほんまに治療できるんか?鍼いうても痛いとこに打ってただけやがな。」

 こんなことを感じたのは私だけではないでしょう。
スポーツトレーナーが特別な存在で、街中の臨床家が低いレベルであると言う意識があるんでしょうが、オリンピックでメダルを獲る選手を診るのと、自己免疫疾患で激しい炎症やその薬の副作用に苦しむ患者さんの治療のどちらが大変でしょうね。
こんなことを比べること自体が馬鹿げているのですが、治療に優劣はありませんよね。
アメリカでもトレーナーをセラピストとして扱おうという流れもあるようですし、そういう意味では今後東洋医学や中医的な鍼灸がトレーナーの世界に新風を吹き込むかもしれませんね。
それよりも先にトレーナーの意識改革が必要かもしれません。
お互いに井の中の蛙にならないようにしましょうね、
 
 ”神の手”さん。