収録記事
トップ
誰でも分かる東洋医学
トップ

六腑とは

 六腑は五臓と表裏をなす存在で、基本的には臓と関連して働いています。
東洋医学では五臓は実質性臓器で、六腑は中腔性臓器であると考えられています。
つまりものを一時貯めておくような器のような存在なのです。

 六腑には大腸、小腸、胃、胆、膀胱、三焦があります。
三焦は臓器ではないのですが、これは後で説明します。

 先に書いたように、それぞれが分泌物や老廃物、排出物を一時的に蓄える器になっています。
これは現代医学に比較的近い解釈になっています。


<表裏関係>

 東洋医学の内臓の捉え方は独特で、内臓器それぞれが特徴的な個別の働きを持つ一方で、各内臓器が互いに影響を与え合ってバランス良く働くと考えられています。
その中でも臓腑の関係は少し特徴的で、臓と腑が一組になっています。(表裏関係)
それぞれ表は腑、裏は臓となっています。


肺--大腸  肝--胆

脾--胃   腎--膀胱

心--小腸  心包--三焦


 この両者の関係は、互いに影響を与え合いながら存在する関係で、他の臓腑間の関係よりも深いものです。

”肺とは”へ