収録記事
トップ
誰でも分かる東洋医学
トップ

五臓とは

 五臓も東洋医学の中では非常に誤解の多い概念です。
明治時代に入り西洋医学が主流になった時に、それまでの東洋医学の言葉とは違う言葉を使っていれば、現在のような誤解は無かったのですが、現在の西洋医学で使われる解剖学用語は、ほとんどが東洋医学からの引用です。

 ここではあくまでも東洋医学での五臓ですから、少し頭を切り替えて考える必要があります。
勿論西洋医学との共通点もありますが、一旦は東洋医学を丸呑みするのが、東洋医学を理解する秘訣です。

<5種類の臓>

 五臓と言うくらいですから、当然5種類の臓器があるわけです。
この5種類とは、肝、心、脾、肺、腎の5種類です。
しつこいようですが、現代医学の肝臓や腎臓とは違いますよ。
 この5種類の臓が身体の中心的な臓器であり、それぞれに生命を維持していく上で重要な働きを持っています。
これからそれを勉強していきます。


(肺)

 肺は現代医学とも共通の働きを有しています。
それは大気を吸い込み、その中から体内に必要なものを取り出す働きです。
(呼吸) 西洋医学では酸素にあたりますが、東洋医学では大気と後に出てくる脾の働きから出来た穀気とを併せて、「宗気」として全身に循環させます。
この循環も肺の働きで行います。
そのため肺は気を主(つかさど)ると言われます。
また東洋医学では肺は悲しむと病んでしまうと考えています。
これは東洋医学独特の心身を同一視したものの考え方です。

 もう一つ重要な考え方に、肺は皮毛を主ると言う考え方があります。
皮毛とは皮膚や体毛の事ですから、体表面を調節しているということでしょう。


(心)

 心も現代医学の心臓と同じように、血に関係する臓器であると考えられています。
また心は「こころ」とも読むように、精神活動を主宰している臓器でもあります。
どんな精神的な要素でも、その失調が長期に渡れば、最終的には心に影響を与えます。
そのため慢性的な精神疲労などでは、必ず心の状態を把握する(治療する)必要があります。


(脾)

 脾は主に消化器系の働きをしています。
胃に入った飲食物から栄養を取り出し、転化させて穀気を作り出します。
これは後天の気と呼ばれ、人間が生きていく上での主たるエネルギー(生命力)となります。
また脾は水を体内に循環させる働きも有します。
そのため脾が弱ると浮腫が見られるようになります。


(肝)

 肝は血を貯える働きがあります。
また筋肉とも密接に関係しており、肝は筋を主ると言われています。

 肝は精神的なストレスに非常に敏感に反応し、たやすく体内に気の鬱滞を作り出します。
この気の鬱滞は身体の各所で見られますが、特に喉元で鬱滞したものは梅核気(ばいかくき)と呼ばれ、喉元に痰が詰まったような、それでいて中々排出されないといった現象が起こります。(精神科疾患でよく見られます)


(腎)

 腎は先天の元気と呼ばれる、先天的なエネルギーを有していると考えられています。
これは脾が作る後天の気と共に、人間の生命活動には無くてはならないもので、共に働きあいながら人間は生きています。
また泌尿器とつながりが深いところは現代医学にも通じるところです。

 もう一つ忘れてはいけない働きは、生殖活動に深く関わるというところです。
言い方は悪いですが、子種の元は腎にありますので、腎が弱ると生殖能力は落ちてしまいます。
これは男女を問わず、男性の勃起能力や精子の元気さ、女性の受胎能力なども腎の働きなのです。

<六種類目の臓器?>

 東洋医学には、西洋医学には無い概念がたくさん存在しますが、この中でも心包絡の存在は非常に重要です。

先に挙げた臓器の中でも、心は特別な存在です。
 これは東洋医学では、心が病むことはないと考えられており、心は決して冒されることのない臓器で、もし心が傷ついたり病に冒されることがあれば、人は生きていることは出来ないと考えられています。

 そのため東洋医学では心を護る存在として、心包絡と言う概念を作りました。
心包絡は心を包んでいる膜で、心が傷つけられるのを護っているのです。
それを拡大解釈して、経絡治療家の中には、心は病まないので、少陰心経は治療には使わないと言う鍼灸師もるくらいです。

”六腑とは”へ