収録記事
トップ
小児疾患
トップ

水いぼ

 水いぼは伝染性の皮膚病で、アトピーの子どもには比較的見られる病気です。
同じような感染症に飛び火がありますが、飛び火がブドウ球菌の感染なのに対して、こちらはウイルスが原因で起こります。

 見た目には小さなブツブツがある程度で、症状もほとんど無く、痒みなどもありません。
伝染力もそう強くはありませんが、接触すると感染もします。
多くは幼稚園や保育園で接触感染し、小さなブツブツの中の液体がウイルスを含んでいますが、プールなどでは感染しないと言われています。

 水イボは感染力が弱く、免疫反応も起きにくい為、身体が水イボに対して治癒力を中々発揮してくれません。
その為自然治癒には半年から1年程度かかることが多いようです。
但しこれ自体は自然治癒するものですし、生命に危険があるわけでもない為、自然治癒が望ましい疾患だと思います。


<皮膚科での治療>

・液体窒素
 凍らせて壊死させてしまいます。

・ヨクイニンや漢方薬を飲む。

・硝酸銀で灼く

・ピンセットで摘んで取る。

・スピール膏で灼く

 これらの治療には長所と短所がありますが、ピンセットで取るのだけはお薦めできません。
ピンセットで摘んで取る方法は、子どもさんが非常に痛みを感じますし、出来た傷口から出たウイルスでさらに感染してしまえば本末転倒です。
さらに出来た傷口自体が飛び火などの感染を起こすことがあります。

 スピール膏はいわゆるイボコロリのよなもので、小さく切ったイボコロリをイボに貼り付け、数日すると炎症を起こしポロリと取れてしまいます。
これなら簡単ですが、スピール膏自体に健康な皮膚がかぶれることもあります。


<ということは>

 気にならなければ放置すれば良いということです。
また熱くても良いならお灸でも同じように炎症をわざと起こし、免疫反応を起こさせて早く治すことも出来ます。
見た目の悪さを気にしなければ、放っておくのが良いように思いますが、いかがでしょうか?

 もし自分の子どもがなったら、放置するか短期間だけスピール膏を試すでしょう。
皮膚科に行くとしたら確定診断をしに行くくらいでしょうか。
後はヨクイニンが含まれているハト麦茶を飲ませるくらいです。