収録記事
トップ
小児疾患
トップ

疳の虫

 疳の虫といっても別に体の中に虫が住んでいるわけではありません。
俗に言う疳の虫が騒ぐというのは、訳も無くキーキー泣いたり叫んだり、人に噛み付くといったような、子供のヒステリーのような状態を指して言うのです。

 内容的には夜泣きに通じる内容ですし、疳の虫が騒ぐ子供は夜泣きもしますので、同じように考えてもいいでしょう。
 小児期には心身のバランスがとり難く、どうしても精神的に未熟である為、上手にストレスを緩和することが出来ず、疳の虫が騒ぎます。

 子供のストレスは、その年齢(月齢)が小さければ小さいほど、母親の関与が大きい傾向があります。
もし父親が中心に育てているのでしたら、当然父親の関与が大きくなります。

 疳の虫自体は心身のバランスが良くなれば自然に治るものですから、深刻な成長障害(低身長など)がなければ、そのまま放っておいても良いのですが、もし気になるようでしたら、小児ばりが効果があります。
 恐らく夜泣きよりも先に、日中のキーキー泣くことが無くなるでしょう。


<疳の虫チェック>

1.額や眉間、こめかみ、瞼に青い血管が浮き出ている。
2.急にキーキー泣き出す
3.夜泣きをする
4.やたら噛み付く
5.笑わない
6.目つきがきつい


<解消法>

1.まずは母親のストレス解消
2.子供が不安がる場所には連れて行かない
3.動ける年齢なら適度な運動
4.冷たいものや甘い物、刺激物を避ける
5.優しく背中を撫でてあげる
6.それでも効果がなければ近くの鍼灸院へ