収録記事
トップ
産科・婦人科
トップ

女性の養生

 女性は一生の中で大きく身体が変化します。
もちろん男性も年例と共に変化しますが、女性の場合は月経があるせいで、どうしても年齢の影響を強く受けます。

 東洋医学では女性は7の倍数で変化すると考えられています。
つまり、

 7歳で歯が永久歯になり、

14歳で月経が始まり、

21歳で身長(身体の成長)が止まり、

28歳で身体が最も充実し、

35歳で顔にくすみが見え出し髪が弱くなる(抜け出す)、

42歳で顔に艶が無くなり白髪が見え出し、

49歳で月経が無くなる

 この通りに進むとは限りませんが、かなり的を得た記述のよう
に思います。
上にある内容のの中にも女性ホルモンの作用によるものは多く含
まれます。
女性の一生はこの女性ホルモンに作用される一生といえるでしょ
う。
初潮から閉経までの間、女性は常に女性ホルモンの作用に翻弄され続けます。
極端にいうと女性ホルモンによる薬物中毒のようなものです。
いわゆる更年期障害は、極端に言うと女性ホルモンに対して依存的になっている体から、急激に女性ホルモンの分泌が減少するために起こるものと言えるでしょう。

 東洋医学的には臓腑経絡の働きが弱まるためと解釈されますが、この中でも特に密接に関わっているのは肝・脾・腎の3臓です。
これらの経絡が交差するといわれる三陰交というツボが婦人病によく用いられる由縁です。

 さてこの三陰交というツボはどんな状態に使うツボなのでしょう。


<三陰交>

(効果)
 上に書いてある通り、足のつま先から腹部に向けて上がって来る経絡、つまり脾経・肝経・腎経の3経絡が交わることから三陰交と名付けられました。
(陰とは臓のことで、ちなみに陽は胃や膀胱などの腑を言います。臓腑とよく言いますが、臓は陰、腑は陽ということになっています。)
 
 この三陰交のツボは婦人科疾患や血に関する病、消化器疾患によく使われます。
子宮を収縮する作用があり、妊娠初期には用いないようにと言われていますが、上手に使用するとやはり女性にとっては心強いツボとなります。


(場所)

 内側の踝(くるぶし)から指を横に揃えて約4本分です。骨の後ろ側(アキレス腱側)にあります。少し骨が凹んでいて、抑えると痛みがある場合が多いです。


(その他)

 
 三陰交は足三里というツボと同様にかなり臨床ではよく使うつぼそれだけ必要性が高い、治療効果が出やすいツボと言えます。


(使い方)
 ここは主にお灸が簡単でよく効きます。お灸を1日置きに3壮位してみましょう。
温灸は市販のもので結構です。
やけどをさせる必要はありません。熱さを感じたら取り除いて結構です。

※壮とは回ということです。つまり1日当たり3回です。