収録記事
トップ
産科・婦人科
トップ

妊娠中の治療

 妊娠中の鍼灸治療は断るところが多いようです。
古来から妊娠中にも鍼灸治療は行われてきましたが、出産を完全に病院で管理するようになってからは、どうしても病院での薬を使っての治療がメインになってきました。
そのため鍼灸院では扱う症例が少なくなり、鍼灸師も妊婦を治療することが怖くなっています。

 また医療訴訟が多くなってきたことも背景にあるでしょう。
鍼灸の学校でも安定期までは治療しないように指導していますが、薬剤が積極的に使えない妊娠中だからこそ、積極的に治療を行うべきではないかとも思います。

 勿論これは患者さんの体調次第ですので、患者さんがあまりにも悪い状態なら治療は引き受けることは出来ません。
安全性を保ちながら、効果的に妊婦の治療をすることは十分に可能ですし、当院の患者さんは妊娠前から来院され、妊娠中や産後の治療でも来られます。

 悩むならまずは来院して身体だけでも診せて下さい。


<治療>

・その症状に応じた治療になりますが、基本的に多いのは、腰痛、肩こり、つわり、お腹の張り、足のむくみ等です。

・異常出血の場合は医師の診察が先になります。

・子宮筋腫の場合は場所や大きさ、その方の身体の状態にもよります。

・習慣性流産の方は、出来るだけ妊娠前からお越し下さい。