収録記事
トップ
産科・婦人科
トップ

滞産・微弱陣痛

 厳密に言うとこの二つは違いますが、正常に陣痛が起こらないということで並べました。

 一般的に出産の予定日には多少のズレが生じますが、あまりにも大きくなってしまったり、母体の状態によっては早く出産する必要があったりします。
どちらにも共通するのは、少しでも母体を良い状態にすることが重要であると言うことです。

 陣痛促進剤は問題も多く、産婦人科医の都合で陣痛を起こす場合も少なくなく、実際に死亡事故などの重大な過誤も起こっています。
身体を正常な状態にすることが出来れば、陣痛は自然に起こってきます。
これを鍼灸で促すわけです。


<治療>

・陣痛が弱かったり陣痛が起こらないのは、大きく分ければ体力が著しくない場合と、逆上せが強すぎて下に降ろせない場合の二つです。
 
・体力がない場合には、陣痛が起こっても微弱陣痛となりがちです。

・当然治療は体力を補う方が難しく、自分では無理です。

・逆上せが強い場合の方が治療としては行いやすく、肩凝りをほぐす要領で治療するだけでも、妊婦自身が胎児の移動を感じることが出来ます。

・予定日前になっても降りてきていない場合、予定日を過ぎても降りてきていない場合は直ぐにご来院下さい。

・微弱陣痛の方は往診が必要かもしれませんので、初診予約の際に往診が可能かどうか電話で問い合わせて下さい。
 いきなり来られても、治療で即効的に陣痛が起こる場合があります(多いです)。

・入院準備をした上で、旦那さんか家族の方同伴で来院される場合には、微弱陣痛の方でも治療所にて治療致します。