収録記事
トップ
産科・婦人科
トップ

自律神経失調

 自律神経の失調は何も女性の病気ではありませんが、一般的には女性に多く見られます。
自律神経とは、文字通り身体の機能を自立して統率する神経のことで、精神とは違った意味を持ちます。

 自律神経失調というと、どうしても精神的な病と勘違いされますが、自律神経失調はいわゆる精神病とは違います。
あくまで自律神経の失調の一因に、精神的ストレスが含まれるというだけです。

 自律神経は内臓の諸器官に命令を出したり、免疫系にも大きな影響力を持ちます。
そのため自律神経が失調した状態では、十分な免疫力を発揮することが出来ません。

免疫系の疾患として扱われる疾患の中にも、自律神経の失調を整えることで回復するものが多く含まれます。


<自律神経失調の治療>

 自律神経失調に鍼灸は非常に高い治療効果を挙げます。
場合によっては温灸(痕が残らない)でリラックスをするだけで効果が上がることもありますが、本来は体調によりこの二つを組み合わせながら使います。

 強い自律神経失調が見られ、東洋医学的に熱が体内にこもっているような方には、刺絡治療が効果的な場合もあります。


※刺絡とはわざとチクリという程度の刺激があるように鍼を刺す治療です。
(出血させることが目的ではありません)