収録記事
トップ
産科・婦人科
トップ

どこに行くのか迷ったら

 治療はしたいがどこにかかれば良いのか迷ったら、取り敢えずは産婦人科に行って下さい。
成人女性なら、何科に行って良いのか迷った時には、産婦人科が最も安心して受診することが出来ます。

 勿論総合病院でも良いのですが、いたずらに時間を使うことにもなりかねませんので、出来れば女性の場合にはかかりつけの産婦人科を作っておくことが良いように思います。

 産婦人科の変わりに鍼灸院に来院される人もいますが、曖昧な施術を受けるくらいなら、第一選択は病院の方が安心です。
何故なら、底辺のレベルでは医師と鍼灸師の知識には雲泥の差があります。

 確かに非常に勉強して医師顔負けの鍼灸師もいますが、そういった鍼灸師に最初に出会うのは確率的には少ないでしょう。
そういった危険を冒すなら、最初に医師の診察を受けてからでも遅くはありません。

 西洋医学の場合、出来ないことは明確に出来ませんが、東洋医学の場合には全く出来ないということがありませんので、例え末期癌にでも診断や治療方針が出てしまいます。
それが故に怖さもはらんでいます。

 但しかかりつけの鍼灸師がいて、その鍼灸師に日頃から診てもらっているなら、初めての医師よりも頼りになるかもしれません。
何事も一大事になってからでは遅いということです。