収録記事
トップ
産科・婦人科
トップ

PMS

 PMSとはpremenstual syndromeの略で、月経前になると「イライラする」「からだの具合が悪くなる」などの、排卵前から月経開始までの時期に現われる身体的・精神的深い症状をいいます。
また日本語で月経前緊張症と表記されることもあります。

 PMSの症状は人によって本当に様々です。
「胸が張ってくる」「お腹や腰が痛い」といった身体的な症状。
また「イライラする」「怒りっぽくなる」「悲しくなる」などの精神的なものなど、非常に様々な症状を呈します。

 PMSは排卵のある女性であれば、誰でも経験するものなのですが、症状の強さはかなりの個人差があるため、生理的現象とするか、病的なものとするかは、専門家の間でも議論が続いています。
PMSの中でも、特に症状が顕著で重度の症状が現われるものを月経前不機嫌性障害(PMDD)といい、PMSの症状を訴える女性の内、約5%の方に現われ、適切な治療が必要であると言われています。

<PMSの特徴>

1.月経のある人にのみ出現する。
2.黄体期に出現する。
3.卵胞期には消失する。
4.月経の周期に伴い反復して出現する。
5.症状は月経直前の4日間と月経中最初の4日間に集中する。
6.妊娠中は症状が見られない。


<東洋医学とPMS>

当院で得意とする、東洋医学的な治療でPMSを考えていきます。
PMSを起こす時期が黄体期であり、妊娠への力を溜め込んでいる時期であることから、気血の滞りと関連が深いことが分かります。
元々気が鬱滞しやすい人は、どうしてもこの時期になると血の巡りが悪くなり、様々な症状を出すようになります。
 臓腑では、肝が気をスムーズに押し流す働きを持っているため、肝が元々弱い人や、酒の飲み過ぎで肝を傷めた人、ストレスで肝を傷めた人は、症状が酷くなるでしょう。
 また運動不足で気血の巡りが悪くても、症状が悪化する可能性があります。

 逆に鍼灸治療や、経絡の気血の流れを良くしたり、日常生活を見直すことで、PMSが良くなることは臨床上よくo験します。

 鍼灸治療の場合には、全身治療であることも手伝って、他科の治療で来院されている方が、知らないうちにPMSが良くなることもよくあります。

<PMSの改善法>

・ 規則正しい生活を心掛けましょう。
・ 血糖値が上下するような食事はいけません。(定時に食事を摂りましょう。)
・ ストレスを上手く逃しましょう。
・ 定期的に身体を動かしましょう。

<PMSの治療>

1. 鍼灸治療

最も効果が高く、治療効果も長続きします。
またPMS以外の治療とも併用できます。

初診    ¥5000
2回目以降 ¥3500

2.整体治療

  経絡を刺激することで、気血の流れを改善します。
  効果は鍼灸ほどではありませんが、気軽に行って頂けます。

  初診    ¥2500
2回目以降 ¥2000