収録記事
トップ
免疫
トップ

癌の治療

 癌に関してはなかなか触れにくい部分もありますが、癌に対する鍼灸治療は痛みのコントロールや、薬剤による副作用を軽減する目的でよく使われます。

 これに加えて栄養療法を行うことで、新たな皮膚や粘膜の再生を促し、代謝を挙げ、免疫力を活性化することで癌と闘う力を向上させます。
直接的に癌に対してアプローチすることは出来ませんが、本来ある免疫力を取り戻すことは非常に重要です。

 元々ガン細胞に対して戦いを挑んでいるのは、身体が本来持っているリンパ球の力なのです。
このリンパ球を育てるには、やはり十分栄養と免疫の大きな部分を担う腸管の状態を整えることは欠かせません。

 転移を繰り返す癌に対しては、抗ガン剤も十分な効果を発揮出来ません。
勿論栄養を摂って鍼灸をして治るといったものではないかも知れませんが、抗ガン剤で身体を弱らせるなら、せめて栄養だけは与えるべきです。

 癌の場合には一概に言えないことがありますので、まずはご相談下さい。
栄養療法は専門家との相談の上、飲む量を決定することになります。 
この栄養療法の研究所では、多くの癌患者にも効果を挙げています。

 キノコ類での治療をされている方も数多くいますが、一時的な見かけ上の数値の変化は、その後も長続きするものではありません。
まずは身体に必要なものから接種するべきで、免疫療法が米国でどのような経過を経てきたかを知っていれば、無闇にこういったことをする必要はなくなります。


<治療>

・癌治療は西洋医学との併用が可能です。(ある意味必須です)

・こちらから治療を押しつけることはありませんので、十分納得してから治療開始となります。 

・特にお急ぎの方は電話でご相談下さい。
 それ以外の方はメールでなるべく詳しく状況を教えて下さい。