収録記事
トップ
お話
トップ

脾と腎について

 東洋医学において臓腑経絡と言う考え方は、これを抜きには語ることが出来ないない位重要なものです。
この臓腑経絡とは五臓(六臓)六腑と、それに連なる経絡と呼ばれる道筋を中心に身体を考えるものです。

 五臓六腑とは具体的には肝臓.....血を臓し筋肉とも深い関わりがあります。

心臓.....血を巡らせ精神作用と深い関わりがあります。
脾臓.....血を統べて、消化器とも深い関わりがあります。
肺臓.....気を主り、全身に気を巡らせます。
腎臓.....生殖や先天的なエネルギーに関係します。
心包絡...心臓を守っています。
胆腑.....肝臓と表裏と為し、髄とも関係します。
小腸腑...心臓と表裏を為し、水分の吸収に関係します。
胃腑.....脾臓と表裏を為し、消化吸収に関係します。
大腸腑...肺臓と表裏を為し、排便に関係します。
膀胱腑...腎臓と表裏を為し、排尿と関係します。
三焦.....心包絡と表裏を為し、身体を上・中・下に分けます。

 これらの五臓六腑(心包は臓ではない)にそれぞれ繋がる経絡と呼ばれる道筋が有り、その経絡を使って各臓腑経絡は栄養されています。

 これらの五臓六腑のうち最も重要なのは、腎臓と脾臓(胃腑)の二つです。
脾臓と胃腑は脾胃と併せて呼ばれることが多く、共同で消化吸収と気の生成を行っています。

 脾臓と胃腑は飲食物から吸収した栄養から気を作り、生命を維持する為の原動力を作り出しています。
これに対し腎臓は先天的なエネルギーの貯蔵庫となっており、受精の瞬間から両親から貰ったエネルギーを蓄えているのです。
その為、腎臓の蓄える気は先天の元気と呼ばれ、脾胃の作った気は後天の元気と呼ばれます。

 脾胃は食べた飲食物から気を作り出し、これに腎の先天の気を併せて人体の生命活動の原動力にしていきます。
つまり腎と脾胃は車の両輪の働きをするわけです。

 これを私達の治療に置き換えると、脾胃と腎さえ治療していれば大抵の病は治るということが出来ます。
但し効率良く治そうとすれば、当然腎や脾胃の気の生成を邪魔している原因や、痛みや症状を出している元を治療するに越した事は無いのです。

 またしばしば慢性疾患の方や重症疾患の方の中には、原因を後回しにしてでも生命力(自己治癒力)を増す必要がある場合が多く見られます。

 色々な訴えに惑わされて治療が的外れになり、結局は最初から体力をつけていく治療の方が良かったということも少なくありません。

 様々な訴えに対し一つ一つ鍼を刺していてはキリがありませんので、こういう場合は地道に脾胃や腎を治療することの方が結果的には良い治療になる事が多くなります。