収録記事
トップ
お話
トップ

治療効果とは3

 治療効果の分かり難さということで、以前2回お話しましたが、今回は写真を使って具体的にお話しましょう。
下の写真は私の子供の写真です。
別に親ばかで撮った訳ではありません。
身近で一番健康的なのがうちの子供でしたので、紹介します。

うちの子供は2001年12月9日で満3歳になります。
現在まで病気らしい病気はしたことがありません。
敢えて言うなら、1歳の時にたばこを飲み込んで救急車で運ばれたくらいです。
熱も出さないし、食欲が落ちることもありません。
牛乳を大量に飲んでもお腹ひとつ壊さない健康体です。

 この舌は淡紅舌薄白苔(たんこうぜつはくはくたい)と呼ばれる舌で、理想的な形です。
適度に締まり、赤みがあり、程好く潤った舌の上に、薄い白い苔が着いています。 
 これに比べて、下の写真(1)を見て下さい。

少しくすんで青みのある舌で、舌の中央部が荒れてしまっています。
この後治療を加えたのが下の写真(2)です。

この変化が分かるでしょうか?
左に比べて、右の写真では荒れたところが修復し、薄い苔が着いています。
この二つの治療の間隔は3日です。
この患者さんは1週間に2度来院されていますので、その3日間は治療をしていません。
 つまりこうした理想の舌に近づくことで、私たち鍼灸師は患者さんに前回の治療が適切であったかを知るのです。