収録記事
トップ
お話
トップ

気の働き

 気とは東洋医学では身体を構成する最小の物質であり、なおかつエネルギー物質であることは、「気って何?」でお話しました。
そして、気は身体の中で様々な働きをしていることもお話しました。
そこでここでは具体的に「気」の働きについて触れていきます。大きく気には5つの作用があります。

1.推動作用

 これは「すいどう」と読みます。推動作用とは体の中での発育や、生成、循環、排泄、様々な生理活動を表します。
 具体的には成長、血液循環、気の循環、栄養物質の運搬、排尿、排便、物質代謝などが含まれます。


2.温煦作用

 これは「おんく」と読みます。これは「気」が身体の中の熱源であることを表します。血液は水みたいな物ですし、人間の身体も水みたいな物ですから、身体が冷えると動かなくなるのは、水が冷えて氷になるようなものだという風に考えたのでしょう。つまり「気」が身体を温めているので、身体が良く動くというわけです。


3.防御作用

 防御作用は「気」が体表を覆っていて、その「気」のバリアーによって身体を冷えや暑さ、病原菌から守っているということを言っています。この体表を守る「気」を衛気と言います。この衛気は飲食物を消化吸収して得られた「気」(穀気)と、両親から出生時にもらった「先天の気」、さらに自然界の大気中の清気からできる「宗気」の一部が体表に出たものと考えられています。
このことから、飲食の不摂生や大気汚染、生まれ持っての体の弱さが原因で風邪などをひきやすくなることが分かります。
分かり難いのでもう一度図にすると、

穀気(後天の気)+先天の気+清気(大気中の気)=宗気

→宗気の一部が衛気になる。

というわけです。おわかりでしょうか?


4.固摂作用

 これは「こせつ」と読みます。固摂作用は何かを「固める」とか
何かが「漏れないようにする」という作用です。
例えばこの固摂作用が低下すると、尿失禁、内出血、独りでに汗が出る、よだれが出る、早漏、脱腸、脱肛などが見られます。これはイメージとして捉えやすいものですね。


5.気化作用

 これは体内での様々な物質の変化を意味します。例えば飲食物から栄養素を取り出して、栄養物質を含んだ血液にしたり、吸収した水分から体液(細胞液のようなもの)をつくったり、飲食物の中から「気」を取り出したりする働きを言います。

 これら5つの働きは実際には分けて働くのではなく、互いに密接に干渉しながら働いているのです。