収録記事
トップ
お話
トップ

中国と日本の鍼灸

 “鍼灸と言えば中国。”これは誰もがそう思うことでしょう。
それでは中国と日本の鍼灸はどこが違うのでしょう。もうひとつ中国の鍼灸のレベルというのは、本当にそんなにすごいのでしょうか。

 現在の日本では医療というと西洋医学(今はアメリカ中心かな?)が中心で、東洋医学でもとりわけ鍼灸は、民間療法(怪しげなものも含め)の一部になっています。

これは様々な時代背景があったのですが、ここでは触れません。
中国においても例外ではなく、現代はやはり西洋医学が中心だと私は認識しています。
私が今までに何人か中国からの留学生の治療をして驚いたのは、お薬(漢方薬)以外の東洋医学を経験したことが無い人間ばかりだったからです。
つまり、中国でも特に都市部においては、日本と同様に西洋医学の医者にかかるのが、常識だったのです。

 現在の中国では現代中医学と呼ばれる(私だけかな?)、東洋医学と西洋医学を足したようなものが主流だと思います。もちろん現代人にはその方が理解しやすいのですが、その反面東洋医学のいい部分が失われているような気もします。
古くから綿々と受け継がれてきた東洋医学は、一部の老中医と呼ばれる人たちが後世に伝えるべく頑張っていらっしゃいます。
それでは日本はと言うと、様々な流派が乱立していて訳が分からないような状態です。
大きく分けると、現代的(西洋医学的)な鍼灸と古典的な鍼灸といったことになると思います。
あとはどちらでもない中途半端派でしょうか。
この中途半端派が、恐らく日本では最も多くて鍼灸師のレベルを落としている張本人と言えるでしょう。

 先程の中国と日本のレベルですが、恐らく全体のレベルで言うと圧倒的に中国のほうがレベルが高いと私は思います。
これは、底辺のレベルの違いによるもので、高いレベルでは個人的には変わらないか、むしろ日本のレベルは高いのではないかと思っています。

 鍼灸術の方法は、日本が細い鍼で中国は太い鍼、あるいは痛い鍼とは一口では言い切れません。
鍼灸は“術”ですから個人差がはっきり現れ、太い鍼が好きな鍼灸師や、細く短い鍼が好きな鍼灸師、あるいは鍼を刺さない鍼灸師など様々な鍼灸師がいますので、無責任ですが行ってみなければ分かりません。
もしどうしても不安なら、鍼灸院へ太さを問い合わせてください。

 基準は何番と言う表示と号、?oと色々表現されますので次に書いておきます。


  1番=16号=直径0.16?o

  3番=20号=直径0.20?o

  5番=24号=直径0.24?o


 中国では24号から26号位が一番多く使われる太さでしょうか。
日本では1番から3番が多く使われる太さだと思います。
ただし、太さが細くても下手な者が刺すと痛いし、上手な者だと太くても痛くありませんので、同じ術者の場合の相対的な響き(刺激)の量だと思って下さい。