収録記事
トップ
お話
トップ

脈の話

 東洋医学で行う診察法は西洋医学とは違い、独特の四診というものです。
この四診には望診、聞診、問診、切診があり、これらを駆使して診察・診断を行うわけです。
特にこの中でも切診の中の脈(脉)診は、体の中の反応をとても正確に反映します。
ただしこの脈診が出来る人はごく限られた人です。
私もまだまだ勉強中で、名人と呼ばれる人達には遠く及びません。

実際に名人と呼ばれる人に脈を診てもらうと、自分では気づかないような身体の状態を実に見事に言い当てられます。
例えば、あなたは何々の食べ過ぎだとか、どこどこが弱っているだとか、もちろん問診では一切話していないようなことも全て言い当てます。
元々東洋医学は不問診の医学です。
つまり問診をしなくても、脈や舌あるいは顔色を見ただけでも様々な情報から治療法が決定されます。
ただしこれも名人と呼ばれるような人の話ですが。
まぁ名人の話はこれくらいにして、脈の話へ戻ります。
脈診にも色々な方法がありますが、通常は脈状診、六部定位、三部九候を使って脈を診ます


1.脈状診

 その字の通り、脉の状態を診ます。つまり脈の速さ、形、深さ(浮いてるか沈んでいるか)、強さ等から身体の状況を把握します。
 現在、中医学では28種類に分けられています。


2.六部定位

 手首の脈を左右それぞれ3カ所に分け、さらに表層と深層に分けて12カ所とし、そこにそれぞれ臓腑(六臓六腑)を当てはめて、体の状況を把握します。
どちらかといえば初心者向けと言えるようです。


3.三部九候

 身体の九カ所の脈を診ます。頭で3カ所、手で3カ所、足で3カ所を診ます。


※本当はこのような脈診を様々組み合わせて更に発展していきます。
東洋医学をしているところで脈診のないところは、ある意味本来の東洋医学の姿では無いと言えると思います。
これは鍼灸であれ漢方薬(湯液)であれ同じです。