収録記事
トップ
お話
トップ

適応症

 ここでは鍼灸の適応症についてお話します。鍼灸の適応症は多くはWHO(世界保健機構)の適応疾患が参考にされることが多いのですが、他のところでも書いていますが、鍼灸は非常に治療家によって技術の差が大きい治療手技です。そこでここでは鍼灸適応症というよりは当院適応症を記します。

<鍼灸陽和堂適応症>

(内科系疾患)

胃痛、過敏性腸症候群、風邪、喘息、メニエール症候群、頭痛


(外科系疾患)

腰痛、肩こり、胸郭出口症候群、五十肩、腱鞘炎、様々な神経痛、顔面神経麻痺、変形性膝関節症、顎関節症、


(小児科系疾患)

夜泣き、小児喘息、アトピー性皮膚炎、夜尿症、


(婦人科系疾患)

生理痛、生理不順、機能的不妊症、更年期障害、冷え性、つわり、逆子、


(皮膚科系疾患)

アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、にきび、


(その他)

うつ病、めまい、慢性疲労、不定愁訴、口臭、


その他でも、身体に関することならお気軽にお問い合わせください。