収録記事
トップ

鍼灸ひより堂WEB


新治療所について

 「ひより堂」は来る7月25日(土)を最後に、新たな場所へ転院することになりました。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

鍼灸治療を初めて受ける方へ

 とかく敷居の高い鍼灸治療ですが、
当院での治療を安心して受けて頂くため、
こちらをまずはご覧下さい。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

民間療法の見分け方

 今現在、私達のような東洋医学を使って治療をする者は大体民間療法として扱われます。
ひょっとすると、一般の方たちには健康食品や怪しげなとんでも療法と一緒であると考える方もいるかもしれません。

 当然私達鍼灸師は、そういう怪しげな療法とは一線を画していると信じていますが、残念ながら鍼灸の中にもそういった怪しげな治療を行う者も少なくありません。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

胃の気

 東洋医学の治療において、その指標とすべきものは「胃の気」であるといっても良いでしょう。
では「胃の気」とは一体どういうものなのでしょう?

 東洋医学いう「気」とは、全ての物質的要素の最小単位であり、その中でも「胃の気」とは人間が生きていく上でその根源となるエネルギー物質、つまりその人間の生命力そのものであるといえます。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

脾と腎について

 東洋医学において臓腑経絡と言う考え方は、これを抜きには語ることが出来ないない位重要なものです。
この臓腑経絡とは五臓(六臓)六腑と、それに連なる経絡と呼ばれる道筋を中心に身体を考えるものです。

 五臓六腑とは具体的には肝臓.....血を臓し筋肉とも深い関わりがあります。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

鍼灸学生の方へ

 現在鍼灸の学生の皆さんは、さぞかし今後の鍼灸界の行く末が不安で仕方がないでしょう。
学生の中でも特に現在治療所以外の仕事をしていたり、全く仕事をされていない人は特に不安なのではないでしょうか。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

鍼灸師のしていること

 経絡とは一般的には目に見えないものですが、東洋医学を
する者にとってはその存在自体は疑う余地がないものです。
実在するという事は、いつの日か私たちの目に見える形で存在が証明されるかもしれません。
 

全文を読む »

↑ページ先頭↑

小児への治療

 小児ばりは一般的には皮膚表面の刺激で行いますが、当然患者の状態によっては刺す必要もあるでしょうし、刺絡のような手技が必要な場合もあります。

 一般的に皮膚表面に施術するのは、肺に関係するためではないかと思います。
肺には成長を促す働きがあります。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

各資料2

 資料を集めてあります。
詳しくは、 ”資料” をご覧ください。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

各資料

 資料を集めてあります。
詳しくは、 ”資料” をご覧ください。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

資料

  「鍼灸を志す方へ」と題を付けましたが、鍼灸の学生さんや東洋医学を広く学ぼうという人もいらっしゃることでしょう。
こちらでは、このサイトの資料としたものについて紹介したいと考えています。
私は、今大阪で開業していますが、まだまだ勉強の途中であるため、みなさんが満足する内容ではないかもしれませんので、私の治療観と共にご検討ください。
 お分かりかと思いますが、私の所属する勉強会では中医学をベースとしているため、経絡治療やその他の治療理念を元にされている方には少々分かりづらい表現もあるかと思います。
ご容赦下さい。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

体質改善

 よく東洋医学は病気を根本から治すといわれますが、それでは病気を根本から治すというのはどういう意味で使われるのでしょうか?

 皆さんの中には体質改善という言葉を効いたことがある方は多いと思いますが、実際に体質が全く変わってしまった人というのはどれくらいいるでしょう。
体質改善とは、例えばアトピーの治療や喘息などのアレルギー疾患の治療でよく聞かれます。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

治療効果とは4

 これも3に引き続き治療効果を舌診で見てみましょう。
この方は現在営業の仕事をされている48歳の男性です。
左手の痺れと、肩首の凝りを訴えています。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

治療効果とは3

 治療効果の分かり難さということで、以前2回お話しましたが、今回は写真を使って具体的にお話しましょう。
下の写真は私の子供の写真です。
別に親ばかで撮った訳ではありません。
身近で一番健康的なのがうちの子供でしたので、紹介します。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

治療効果とは2

 ここでは私たちが、東洋医学では具体的に何を基準に患者さんの予後判断や病態把握をしているかについてです。
少し難しいこともあるかも知れませんが、とっても役に立つ話です。

 私たちが四診を元に治療方針を決めていることは別の項目の中でお話しました。
それでは具体的にはどういった方法で、私たち鍼灸師は患者さんの身体を診ているのでしょう。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

治療効果とは

 東洋医学の治療効果は最初の内は比較的分かり難いもかもしれません。
というのは、私たち鍼灸師は脈や舌などで患者さんの状態を常に観察しているのですが、患者さんはそうではありません。
患者さんは自覚的な訴えによって判断しますし、そこには過去の身体に対する症状より、今の身体の自覚症状に重きを置きます。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

東洋医学と科学

 東洋医学と西洋医学の融合は、中国でも文化大革命以降盛んに試
みられているが、その成果については懐疑的な部分も多いように思います。
私自身も、東洋医学を科学的に本当に解明できるなら是非して頂きたいのですが、今の科学のレベルではまだまだ無理のような気がします。(科学者の方いたらゴメンナサイ)

全文を読む »

↑ページ先頭↑

気の働き

 気とは東洋医学では身体を構成する最小の物質であり、なおかつエネルギー物質であることは、「気って何?」でお話しました。
そして、気は身体の中で様々な働きをしていることもお話しました。
そこでここでは具体的に「気」の働きについて触れていきます。大きく気には5つの作用があります。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

気って何?

 最近は東洋医学が見直されたせいか、昔から言葉としては使われていたせいか、「気」ということばは日常的に使われます。
でも本当は「気」という概念のことをほとんどの人が知りません。
正直なところ私も完全には分かりません。そこでここでは東洋医学や東洋思想の中で、「気」というものがどういう風に解釈されているかについて紹介します。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

五行とは

 実際には私も全て理解出来ていないのですが、古典的鍼灸を知るうえでは避けては通れないようです。
一般の方にはそれほど馴染みがないかも知れませんが、五臓とか、韓国のカラフルな旗や衣装はすぐに思い浮かぶのではないでしょうか。
簡単に言うとこの世のすべての物をや事象を五つに分類して考えることです。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

陰陽って何?

 陰陽学説とは全ての物や事象を陰と陽に分け、その属性や両者の関係で物事を考えることです。
これも非常に複雑で、難解なものなので私にはまだ分かりませんが、五行と併せて陰陽五行と呼ばれ、東洋医学の重要な考え方の一つです。
簡単に言うと、もともと陰と陽は一つのものでしたが、やがて一つのものが分かれて、陰と陽が出来ました。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

名人の話

 鍼灸師の中には一部名人と呼ばれる人たちが存在します。
当然そう呼ばれるからには、よくはやった鍼灸院なんだろうと思います。
当然はやっているだけではいけません。そこに通う人たちが、本当に健康になる治療所。
そんな治療院の先生が名人なのでしょう。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

鍼灸の学校

 最近は不況のせいか、手に職を付けたいと言って鍼灸師を目指す人が多くなってきているようです。
鍼灸師になるには、3年間養成校で勉強し(?)受験資格を得てから、国家試験を受けて鍼灸師になりますが、学校と言ってもほとんどの人間が仕事をしながら通っています。(鍼灸大学や同時に2学科行く人は別です)

全文を読む »

↑ページ先頭↑

お灸の話

 古くから行われてきた東洋医学の中で、最も一般大衆になじみがあったのは元々お灸でした。
今ではお灸の痕(やけど)が残るということで、その治療効果よりも美容上の理由から敬遠されていますが、中国でも古い時代には民間の中では鍼はあまり広まらず、むしろ誰でも出来てしかも非常に治療効果も高いお灸が主流でした。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

中国と日本の鍼灸

 “鍼灸と言えば中国。”これは誰もがそう思うことでしょう。
それでは中国と日本の鍼灸はどこが違うのでしょう。もうひとつ中国の鍼灸のレベルというのは、本当にそんなにすごいのでしょうか。

 現在の日本では医療というと西洋医学(今はアメリカ中心かな?)が中心で、東洋医学でもとりわけ鍼灸は、民間療法(怪しげなものも含め)の一部になっています。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

脈の話

 東洋医学で行う診察法は西洋医学とは違い、独特の四診というものです。
この四診には望診、聞診、問診、切診があり、これらを駆使して診察・診断を行うわけです。
特にこの中でも切診の中の脈(脉)診は、体の中の反応をとても正確に反映します。
ただしこの脈診が出来る人はごく限られた人です。
私もまだまだ勉強中で、名人と呼ばれる人達には遠く及びません。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

舌の話

昔から東洋医学では診察の中に舌診(ぜっしん)という診察技術があります。これは舌の形や色艶、苔(こけ)の色や質、量で身体の中を知ろうというものです。勉強しだすと大変奥深いものですが、簡単なものなら皆さんがご家庭で自分の健康管理に使うことが出来ます。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

四診って何?

 このホームページの中でもよく「四診」という言葉が出てきます。この「四診」ですが、東洋医学を志す者なら必ず避けては通れないものなのですが、最近の鍼灸師や漢方医の中には、あまり重要視しない人間もいるようです。特に漢方医は問診のみでその他の診察をしない者も多いし、鍼灸師の中には西洋医学的鍼灸とか科学的鍼灸とか言って、まともに東洋医学に向き合わない者も多いようです。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

不思議ではない?東洋医学

 東洋医学や鍼灸はどうしても現代医学から見ると、比較的怪しげで効果も眉唾物とされているようです。
これには様々な要因が考えられます。
一つにはその治療効果が治療家によって様々で、時に考えられないような効果を挙げたり、時には誤診や治療技術の未熟さから、考えられないような失敗を起こすことなどが考えられます。
さらに奇跡的な治療効果を挙げた治療家の中には、自分には人には無い能力が有るものだと信じ、宗教家のような振る舞いをする治療家まで出る始末です。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

東洋医学私見

 ここでは、東洋医学の特徴や鍼灸の特徴を中心に紹介します。
東洋医学はもともと日本の医学の中心でしたが、今は西洋医学に押され、医学の中心と言う姿はどこにもありません。
時代劇でよく朝鮮人参が高価な為に、貧乏な者が買うことが出来ないというシーンがあるくらいでしょうか。
その当時は漢方薬が中心で、それに続き鍼灸が医師の技術として活躍していました。
もちろんこの当時とは比べものにならないほど時代背景が変わりましたが、今でも東洋医学は発達しているのです。それでは、東洋医学を鍼灸を中心に、その特徴を紹介します。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

経絡って何?2

 経絡には大きく正経と呼ばれるものと奇経と呼ばれる2種類があります。この正経と奇経を併せて20種類の経絡が身体の中を縦横無尽に走り、身体の内外を滋養していると考えられています。

この中の正経とは、

全文を読む »

↑ページ先頭↑

経絡って何?

 経絡は東洋医学においては無くてはならない概念で、よく神経や血管、リンパの流れ等のように表現されますが、残念ながらそういうものとは違います。
これを一般の方に説明するのはとても難しくて、東洋医学では川の流れにたとえられます。
川というよりは地下水脈に近いかもしれません。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

適応症

 ここでは鍼灸の適応症についてお話します。鍼灸の適応症は多くはWHO(世界保健機構)の適応疾患が参考にされることが多いのですが、他のところでも書いていますが、鍼灸は非常に治療家によって技術の差が大きい治療手技です。そこでここでは鍼灸適応症というよりは当院適応症を記します。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

交通事故の保険治療

 案外知られていないのですが、交通事故の治療に保険が利くことをご存知でしょうか?これは完全に誰でもと言うわけにはいきませんが、保険会社との話し合いで可能になります。リハビリといっても牽引や電気治療、ホットパックといったものだけで治りが悪い方は、一度ご相談ください。

全文を読む »

↑ページ先頭↑

あいさつ

 こんにちわ 私が当Webサイト管理者の冨田秀洋です。

 ここでは東洋医学のことを広く一般の人に知ってもらうために、平成13年4月の開業を機に作り始めました。

 皆様のお役に立てるよう、ひより堂鍼灸整骨院はこれからも鍼灸や東洋医学の情報をお届けします。

 尚ご意見やご質問はメールにてお届けください。
できる限り早くお返事します。 

ひより堂鍼灸整骨院  院長 冨田秀洋

↑ページ先頭↑

© 2004 Hiyorido.