収録記事
トップ
不妊症・不育症
トップ

患者様アンケート

 まだ出産前の方のアンケートを頂いたのでアップします。
この方は流産も経験されていますが、
それ以上に初診時の身体の弱さが衝撃的な方でした。
ではどうぞ。


1.今までにどのような治療を受けましたか?

 タイミング療法、人工授精、漢方薬、鍼灸、よもぎ蒸し(1回)

2.今回、妊娠に至ったときの治療は?

 人工授精

3.妊娠しようと思い立ってから妊娠するまでの期間は?

 2年半

4.当院に通い出してから妊娠までの期間は?

 1〜3ヶ月

5.当院での治療頻度は?

 週1回〜2週に1回

6.妊娠中の体調不良等はありましたか?

 特になし

7.治療を諦めようと思ったことは?

 あまりなかった

8.治療開始年齢は?

 31歳〜35歳

9.ご出産年齢は?

 31〜35歳予定(現在7ヶ月)

10.治療は夫婦で協力出来ましたか?

 夫婦で協力出来た。

11.通院していた病院の評価は?

◎Aクリニック(高度医療専門病院)

 (良い点)
 施設が清潔。カフェがあり広々としているので、待ち時間が長くても苦にならない。

 (悪い点)
 毎回先生が異なり、意見が違う。新しい先生の場合、アドバイスも曖昧で不安になることがある。 

◎B病院(不育症専門病院)

 (良い点)
 先生が経験豊富でいつも親切に話をきいてくださるので安心して通院出来た。

(悪い点)

 検査や管理費など毎回診察料が高額でした。

◎C病院(産科)

(良い点)

 流産経験があり何かと不安が多いため、産科が有名との評判とNICUがあるため、
万が一の場合も大丈夫と安心しています。
先生、スタッフさん皆さんが親切です。

(悪い点)

 施設自体は綺麗ですが、設備機器は古いままのようで、超音波画像などは荒くて見難いです。

12.当院へのご意見や同じ悩みを持つ方へのアドバイス

 不妊や不育の悩みを抱えていると、どうしても早く子どもを授かることばかり考えがちですが、
まずは自身の食生活やライフスタイル、身体を冷やさないなど日常を見直すことが大事で諦めずに夫婦で協力しあえることが妊娠、妊娠の維持に繋がるのではないかと思います。


<最後に一言>

 最初にも書きましたが、この方は非常に身体が弱い方でした。
何せ日常生活だけでも膝が痛い。
椅子から立ち上がるだけでも痛いし、
見るからに頼りない感じでした。

 まずは妊娠に耐えうる身体を作りましょうと、
鍼灸治療と同時に骨盤の治療や膝の治療を同時進行で行いました。
すると見違えるように良くなり、
見事妊娠され現在(平成27年3月23日)妊娠7ヶ月になりました。

 身体作りの大切さを再確認させて頂いた患者さんです。

 病院の評価も私とほぼ同じで、
非常に冷静で妥当な評価だと思います。
ご興味のある患者さんは直接私にご質問下さい。