収録記事
トップ
不妊症・不育症
トップ

手技で行う不妊治療

 今まで補助的に行ってきた骨盤矯正でしたが、
一つの確立した治療としてこれからは行います。
予約制での治療となりますので、
ご予約の上お越し下さい。

1.手技の内容と効果

 手技治療で行うのは、
主に骨盤周囲の血流改善です。
以前から生理痛や排卵痛がある方には、
手技で改善を行うことがありましたが、
非常に高い効果が得られているため、
新たに治療項目として加えました。

 手技としては、
骨盤矯正とツボを手で刺激することが主となります。
鍼灸治療が怖くて当院の治療を受けることが出来なかった人には、
そういった恐怖心がなく受けて頂けます。

2.東洋医学と骨盤周囲の関係

 不妊治療を行う上で非常に密接なのが、
肝・腎・脾と言われる3つの臓器です。
勿論東洋医学的なお話ではありますが、
肝は子宮や卵巣に繋がり、
子宮筋腫や子宮内膜症、排卵障害とも深く関係します。

 そのため肝に関係深い臓器を刺激することで、
それらの機能を改善し妊娠をしやすい状態を作ります。
 
 脾は血をコントロールしたり、
作ったりする臓器ですので、
脾を治療すると血を作りやすくし、
内膜を厚くしたり、
卵に栄養を送ったり、
妊娠を維持しやすくなります。

 また不妊治療のお灸で有名な、
三陰交はこの脾の経絡のツボです。

 最後に腎は生殖全体を司る存在で、
主にホルモン調節に関係します。
また腰痛や足のむくみなど下半身に非常に深い関連があります。

 腎を調節することで、
妊娠全般にわたる体調を安定させることが出来ます。

3.治療時間と治療費

<時間>   15分(状況により多少前後します。)

<治療費>  2500円(自費治療のみ)

<予約>    完全予約制です。

<鍼灸よもぎ蒸しとの併用>  可能ですが、他の予約状況でお断りすることがあります。