収録記事
トップ
不妊症・不育症
トップ

当院での不妊治療のかかり方

 現在まで年間のべ1000例近い臨床を経験し、
自然妊娠から高度生殖医療を受ける方までの、
より効果的な治療の受け方を研究した結果、
次のような形が理想的であることが分かりました。

<栄養療法>

 基本的には最低限の栄養療法は、
不妊治療だけでなく基本的な身体作りや、
不育症にも効果的なようです。
勿論、
人により栄養の必要量は変わりますが、
当院で使用しているサプリメントで、
一日6〜12粒程度が効果的なようです。

 費用にして月に4800円から9600円となります。
ご夫婦で利用される場合には×2となります。

※勿論絶対的に必要なわけではありませんし、
 強制的に摂って頂くことはありません。


<針灸治療>

 理想的には週2回が最も効果的です。
それ以上に増やす必要はありませんが、
集中的に治療を行いたい場合にはご相談下さい。

 時間を掛けてじっくりと身体を作りたい場合や、
経済的な問題などで治療頻度が少なくなる場合には、
遠慮無くご相談下さい。

 また治療の時には仰向けでは腹部に施術するため、
ワンピース以外の服装でお越し下さい。
パンツの場合には膝付近まで捲れる裾の広さのもの、
スカートは特に問題ありません。

 うつ伏せの際には背部に施術するため、
Tシャツなどは脱いで頂くことになりますが、
タオルで局所以外は隠して治療します。
大きく背中の開いたキャミソールなら、
そのまま施術を受けて頂けます。

 入れ墨等はそのままでも施術出来ますが、
傷口や皮膚炎症がある部位には施術が出来ません。

◎鍼灸の流れ

1.問診票への記入

  分かる範囲で結構ですし、
 後に問診の際に詳しくお話をお聞きします。
 出来れば問診時に答えやすいように、
 ご自身の治療歴やご主人の治療歴をご準備下さい。

2.問診

  治療歴や病院歴について詳しくお聞きします。
 出来るだけ正確にお答え下さい。
 このときに血液検査の結果を元にしたお話をしますので、
 出来れば血液検査(健康診断等の一般検査)の結果をお持ち下さい。
 
  もし持っていない場合には結構です。

3.施術

  鍼灸治療は基本的に仰向けから始めて、
 手足、腹部を中心に施術します。
 特別な場合以外は胸部への施術は行いません。
 また恥骨より下への施術は絶対に行いません。

  うつ伏せの治療では、頸部、背部、腰部、仙骨部に施術しますが、
 場合により背部より上の施術をしない場合もあります。
 特に妊娠反応が出てからの施術では、
 強い響きを伴うような施術は行いません。
  
  また尾骨より下の部位にも施術は行いません。

 お灸はその人の人の症状により使用しますが、
匂いが気になる方はご相談下さい。
また火傷が残るような施術は基本的には行いませんが、
やむを得ず治療効果優先となる場合には、
患者さんと話し合いの上で行う場合があります。

4.評価

  治療効果の判定は当然妊娠や出産となりますが、
 中間的な評価にも初診時の血液検査との比較などを行うため、
 出来れば客観的評価のためにも血液検査はあった方が良いでしょう。

  またそれ以外では、腰痛や肩こり、頭痛、生理痛などの自覚症状、
 月経量、採卵数、内膜の厚さなど、西洋医学的所見との比較も行いますので、
 出来れば病院での検査書類は保存して下さい。


<最後に>

 不妊治療はそれ自体が決して楽しいものではありません。
むしろ苦痛を伴う場合が多いでしょう。
それを傍らで力強きパートナーとして支えるのが私の役目だと考えています。

 病院への不審、不満、愚痴、或いは新しい病院の紹介等、
色々な意見・情報交換をひより堂では行います。
勿論妊娠中から産後、子育てあらゆるお悩みにも全力でお答えします。

 治療に関する疑問や質問はどんなことでもお寄せ下さい。
治療中にお答え出来ないことは、
必ずメールにて返信させて頂きます。
相談メールにはくれぐれも返信可能なアドレスをご記入下さい。
メールの返信がないと言うことは絶対にありません。

 返信が来ない場合は何らかのトラブルですので、
電話にてお問い合わせ下さい。
折り返しお電話致します。