収録記事
トップ
不妊症・不育症
トップ

不妊治療のコスト

 一般的に不妊治療はコストがかかります。
子どもが出来るまでに高級車1台分なんてよくある話ですし、そこまでお金を費やしても見返りがあるなんて限りません。
下手をしたら副作用で苦しむだけ苦しむという人もいるでしょう。

 それでも皆さん子どもを作ろうとします。
確かにそれだけの価値はあるとは思いますが、コストのことと安全性とその効果、こういったものを本当によく考えましたか?

 ひいき目なしにこの辺りを考えてみましょう。


<西洋医学的な治療>

・タイミング法まで・・・費用としては最も安価なです。
検査費用が毎回数百円〜数千円かかった
りします
治療法と言うよりは、これで子どもが出来る人は普通に出来るといったものでもあります。
性行為自体の回数をこなせない人は良いのかもしれません。
ホルモン剤を使用する場合には、長期に渡ったり、感受性・解毒能力により副作用の心配はあります。

費用・・・数千円から2万円程度まででしょうか 


・人工授精まで・・・・・人工授精自体は1.5〜2万円程度でしょうが、それ以外にホルモン剤や各種検査がタイミング法と同程度かかるかもしれません。
タイミング方のみと比べれば、不妊治療としての色はより濃くなります。 
患者さん自身も自分は不妊であるという意識は強く持ちます。

費用・・・こちらも2〜3万程度でしょうか
 

・体外受精・・・・・・・一般的な不妊治療の方が、最後に行き着く治療ですが、あまりにも安易に施術されることも多いように思います。
ある意味、ビジネスライクな感じが最も強い不妊治療でもあり、コストもかなりの病院差があります。

費用・・・25〜60万程度まで、肺移植のみなら2〜3万程度でも


<漢方薬>

・漢方薬治療・・・・・・個人的にはお奨めしていません。
同じ東洋医学ですが、漢方薬は紛れもない薬剤ですので、鍼灸と同一に語るものではないと考えています。
勿論漢方薬で妊娠に至る例は、少なくないとは思いますが、それでも私はお奨めしません。

 その理由は、あまりにも処方する人の能力に差が有りすぎることと、その割に作用は誰が処方してもあることです。
つまり副作用はきっちり出すけど、効果がない恐れがある。

 さらに長期服用した場合、短期服用とは違う作用を起こす恐れがあったり、西洋薬との相互作用が不明であること。
もう一つ重要なことは、血液検査を見ていると、長期服用者の中に脂質代謝異常を起こしたり、卵子の発育障害を起こしている人間がいることです。 

費用・・・1月当り1〜5万円程度


<ひより堂での治療>

・鍼灸治療・・・・・・・妊娠だけを目的にせず、あくまでも健康になった結果妊娠し、出産し、子育てをすることを目的にしています。
効果の出る期間は人によりですが、数回から数年ですので、人によりかなり差があります。

 妊娠だけなら西洋医学に負けるかもしれませんが、出産やその後のことを考えればかなりのコストパフォーマンスです。

費用・・・1回1800〜3500円


・栄養療法・・・・・・・もしどちらか一方で西洋医学との併用をした場合、どちらが効果が挙がるかと言われれば、栄養療法を選ぶかもしれません。
但し、体感的な面や心理的な面からすると鍼灸には及びません。

費用・・・1月当り12000〜15000円程度


<コストパフォーマンス>

 個人的にはコストパフォーマンスが最も高いのは、意外でしょうが栄養療法かと思います。
鍼灸もコストパフォーマンスは高いのですが、排卵の数や質の変化を見ていると、明らかに栄養療法は効果があります。
鍼灸だけで効果がある場合には、元々体力がある程度あって、そのエネルギーの使い方が悪い人が多いようです。

 つまり体力が消耗している人や、長期間不妊治療でホルモン剤を使用している人、年齢が高い人は栄養療法の方が効果が出やすいでしょう。

 それに次いでコストパフォーマンスが高いのは、鍼灸、次いで人工授精かと思います。
一見良さそうな体外受精は、リスクやコストを考えれば良いとは言えないような気がします。

 漢方薬とホルモン剤は、長期服用時には注意が必要だと思いますが、両者を比べれば漢方薬の方が副作用は少ないかもしれません。

 これらはあくまで私見ですので、鵜呑みにしろとは言いません。
ただこれまで不妊の方や、各種治療を受けている方を見ていて、色々と考察を加えながら導き出した答えです。
参考程度にはしてみて下さい。