収録記事
トップ
不妊症・不育症
トップ

鍼灸における不妊・不育治療

 東洋医学でも古来から不妊の治療は広く行われてきました。
東洋医学的に見ると不妊の原因は主に、

・腎虚によるもの
  
 東洋医学では腎臓は精を蔵すると言います。
精とは一切の物質的因子の大元のようなものですから、これがなければ生命は誕生しません。

又、腎臓の経絡の失調があっても、同じように不妊となることがあります。  
 又、腰は腎の府と呼ばれ、腰や骨盤の周囲にも腎臓の治療穴がありますので、腎の治療をすれば骨盤内の血流が増加することにも繋がります。 


・虚寒によるもの

 体力が無く身体を温めることが出来ません。  
また外部からの冷えに対して抵抗できず、寒いところでは極端に冷えてしまうことになります。
何にせよ冷えは大敵であると考えた方が良いでしょう。
 徒に熱を加えて温めるだけでなく、身体が内から温める力を養うように治療を加えます。(勿論温める治療も使います) 


・肝郁

 中医学などでは肝鬱気滞などとも言われますが、肝臓の気が上手く流れないことで、簡単に鬱滞を起こします。
肝臓の気の鬱滞は、さらに血の鬱滞を引き起こし、病理産生物であるお血が出来てしまいます。
内膜症などもお血の一種ですので、不妊とは関連深いと言えるでしょう。


不育症も不妊症と同じような臓腑の異常が考えられます。
多くは腎虚、脾虚、衝脈や任脈と呼ばれる経絡の異常などによる、気や血の虚があるようです。
その為十分に胎内を養えず(温められず)、結果的に流れてしまうようです。
これ以外にも現代的に言うところの染色体異常などがありますが、これは治療対象にはならないと思いますので、ここでは触れません。

 虚がベースになると、鍼灸だけではかなりの時間がかかると思いますので、必要な栄養を摂りながら気長に治療をすることが必要であると思います。
自分の年齢を気にするあまり、益々身体を痛めるような治療はお薦め出来ません。

 結果的には身体作りをベースにした方が良い結果が得られるようですし、何よりもそれが当院の治療方針です。