収録記事
トップ
不妊症・不育症
トップ

陽和堂的妊娠・出産論

 妊娠・出産を目的とした治療をする上で知っておいて頂きたいことは、当院で行う治療は基本的にそれをゴールとは全く考えていないという点です。   

 女性は妊娠するまでは妊娠に耐えうる身体作り、妊娠すれば10ヶ月間の妊娠期間の体調維持が必然で、その後は授乳を行う上で必要な身体作り、さらには子どもを育て教育するだけの身体と頭(意識)を作る必要があります。  

 中には2人目3人目と続く人もいるでしょうが、それとて同じことで、どこかの作業を一つ飛ばしに行うことは出来ません。  
そういう意味では妊娠することも出産することも大きな流れの一部であると考えています。 

 陽和堂では長い女性の人生の最も重要な部分に関わる訳ですから、その時期に必要な知識や身体を作ることに全力を上げています。   
栄養学の知識は何も妊娠するだけの為に指導するのではなく、当然妊娠中も授乳期も、そして回復期も、さらにはその方のお子さんの発育や、さらにさらに孫の代まで続いていくような知識をと考えています。  

 こういったことは今までは親から子へ、子から孫へと伝えられていましたが、今では病院の助産師、保健婦などの人間が学校で習った知識を教えるだけとなってしまいました。(勿論しっかりとした方もいるのですが) 

 これを人から人への流れ(循環)のあるものへとしたいと考えています。
その為一般的に治療を行わないと言われる妊娠中や、出産直後の健康管理や健康相談などにも積極的に関わっています。