収録記事
トップ
栄養
トップ

腸内細菌

 腸内細菌とは主に大腸の中に棲む、様々な最近達を指しています。
さてこれらの腸内細菌は主に善玉とか悪玉とかに分けられますが、これらのバランスが取れているときには悪玉がいたからといって問題ありません。

 但し何らかの影響によって悪玉菌が善玉菌を差し置いて繁殖すれば、排便の異常や消化不良、免疫力の異常、果ては胃癌、大腸癌、まで影響が及ぶとされています。

1.腸内細菌のバランスが悪くなるとき

・抗生剤(抗菌剤)を連用したとき
 (耐性菌だけが生き残ったりします)

・動物性タンパク質を多く摂取しているとき
 (便が臭くなるのも悪玉菌のせいです)

・帝王切開で産まれたとき 
 (お母さんから菌を産道で貰えません)

・食物繊維をあまり食べないとき
 (これが餌となります)


2.善玉菌を育てるには

・なるべく野菜なども食する
 (果物ではありません)

・確実なのはオリゴ糖を食べること
 (私はフラクトオリゴ糖をお勧めします)

・肉類は悪玉菌を育てますが、身体の栄養としては外せませんので、それ以外の食品で善玉菌を育ててバランスを保つべきです。
 (動物性蛋白は健康には欠かせません)


3.腸内細菌の状態を知るには

・便が黄色っぽければ大丈夫
 (黒いときは要注意)

・おならがやたら臭い 
 (善玉菌が多ければ便臭も少なくなります)

・便が浮く 
 (良い便は水に浮きます)

・勿論快便である   
 (便秘がちではいけません)

・軟便は場合によります
 (赤ちゃんは下痢で当たり前ですよ)