収録記事
トップ
栄養
トップ

正分子と正分子療法

 ここでは正分子という物質の考え方と、これによる栄養(正分子)療法について紹介します。

まず皆さんに皆さんに考えて頂きたいのは、栄養療法今昔物語でも書いた栄養と言うことについてです。

 栄養というと、どうしても学生時代に習った栄養学や生物の事業での内容が頭に浮かぶのですが、学生時代に習った栄養学と実際の栄養学ではかなり違いがあることは、私自身この正分子療法を学ぶときに初めて知りました。
 

 それでは早速正分子療法の骨格ともいうべき、正分子とは何かについて書いていきましょう。 
簡単に言うと
正分子とは、人間が生命活動を営んでいく際に絶対必要で、尚かつ体内では合成できない物質
と定義出来ます。
さらに具体的に言うと、3大栄養素と言われる炭水化物、脂質、タンパク質とビタミン、ミネラルのことです。

 これらの体内において生成出来ない、生命活動に必須の物質を正分子と名付け、これを体内に十分量摂取することを目的として与えることを、正分子療法と名付けたのです。

 こう書いてしまえば、「なーんだ」となってしまいそうですが、これらの身体に必須の物質である正分子を取り入れることがどれほど重要で、尚かつ現代社会において困難であるかについては、正分子の働きについて良く理解し、それらがどういうルートによって体内に取り入れられるかを知る必要があります。


参孝リンク:
正分子療法の総合体力研究所