収録記事
トップ
鍼灸治療
トップ

辛い頭痛の鍼灸治療

 一口に頭痛といっても実に様々な頭痛があります。
風邪引きなどの感染症からの頭痛や筋緊張性頭痛。
眼精疲労からの頭痛や偏頭痛。
更に精神科疾患からの頭痛など様々です。

 これに東洋医学的な考えを応用して適切な鍼灸治療を加えると、
実は非常に効果的に鎮痛することが出来ます。
また再発予防の観点からも、
根治療法である鍼灸は非常に優れた治療なのです。

1.感染症からの頭痛

 当たり前の話ですが、
感染症からの頭痛ですから感染症が治るのが第一前提です。
鍼灸治療には優れた免疫作用や、
免疫をコントロールする自律神経の調整作用があることは案外知られていません。

 鍼灸治療には古来から感染症治療の効果が認められており、
ツボを刺激することで自律神経を調整してわざと発熱させたり、
感染症から起きる頭痛や関節痛などの症状を軽減する方法があるのです。

 感染症が早く治るだけでなく、
優れた鎮痛作用により感染症が治る前に痛みだけを取り去ることも出来るのです。

2.筋緊張性頭痛

 筋肉が異常に固くなることで起こる頭痛です。
肩や首の筋肉が固くなることで頭への血流が悪くなったり、
首の筋肉が炎症を持つことで首の付け根である後頭部が痛くなったりします。

 この場合炎症が原因なら鎮痛薬で聞くこともありますが、
血行障害が原因の場合には鎮痛薬は効きません。
いわゆる痛み止めの効かない頭痛と言われるものです。

 筋緊張性頭痛の場合にも、
鍼灸で筋肉を緩めて血流を元に戻してあげると、
嘘のように痛みは無くなってしまいます。
また炎症の場合にも、
鍼灸の優れた消炎作用のお陰で痛みは速やかに無くなっていきます。

3.眼精疲労や眼病からの頭痛

 眼精疲労が溜まっても頭痛はよく起こります。
また眼科疾患が元で視力や視野に左右差が出ても、
強い頭痛が起こることがあります。
理想的には眼科疾患の鍼と同時に頭痛の鍼を行います。

 元々当院では眼病の随伴症状の治療に全身治療を行いますので、
眼科疾患で来院されている方に関しては頭痛は殆ど起こりません。
これこそ全体治療の東洋医学、鍼灸の素晴らしいところです。

4.偏頭痛

 偏頭痛も頭痛の中では非常に強い痛みで尚かつ治りにくい頭痛です。
偏頭痛は痛み方も不定期でいつ起こるか分かりませんが、
本人は頭痛が来る前に分かります。

「あー来る!来る!」

と思っている内に痛み出す。
非常にたちの悪い頭痛です。

血管が拡張すると痛むため、
頭痛の際に動いたり温めたりすると悪化します。
ここが筋緊張性頭痛と違うところです。
筋肉を緩めようと温めたり変にマッサージしようとすると悪化します。

 私もピーク時の偏頭痛患者さんを診た経験がありますが、
頭から流れるほどの冷や汗を流していて本当に痛そうでした。
鍼灸治療と頸椎の調整、更に神経刺激を行い、
帰りには落ち着いて話せるほどになりました。

 ただ基本は痛みが出ないように予防することで、
そのためには東洋医学診断を確実に行い、
身体の悪い部分を明確にして治療することが大事です。
目標は頭痛薬なしで安心して暮らすことです。

5.原因不明の頭痛

 どこに行っても治らない頭痛。
最終的には精神科に送られ投薬を受けるのですが、
それでも痛み止めが手放せない毎日。
そんな原因不明の頭痛でも、
鍼灸治療なら治療が可能な場合があります。

 原因不明の頭痛の中には、
未だ見つかっていないだけの腫瘍や動脈瘤なども含まれますので、
全てとは言いませんが、
少なくとも対応出来る頭痛はかなり多いはずです。

 実際不妊治療で来院されていた患者さんが、
「数十年来の頭痛がすっかり治って驚いた。」
なんて話があります。

 これはほんの一例で、
今までにも子どもの頃からの頭痛が適切な鍼灸で治った例や、
薬の効かない頭痛が治ったなんて例は数多くあります。
また頭痛ではなく頭重感といったものも治療の対象となりますので、
不快感や言葉にならない思いを是非お伝え下さい。

5.ひより堂での頭痛治療

 頭痛の治療は他の鍼灸治療同様に、
問診票への記入から始まります。
出来るだけ詳しく内容を記載下さい。
頭痛を感じてから今までの経過や、
自分で思い当たる原因なども治療の参考になる場合があります。

 問診票を元に現在の訴えをお聞きします。
その際に頭のどの辺りがどういう風に痛むのか、
時間帯や頻度などを詳しくお聞かせ下さい。

 その後東洋医学的診察に移行します。
これは脈診や舌診、腹診、背候診、経絡診、
そして西洋医学的な頸椎の関節や筋肉の状態を見せて頂きます。

 証(東洋医学的診断)が決まれば、
その後鍼灸治療や頸椎の機能異常に対する治療を行います。
様々な治療の結果頭痛が改善されたことを確認して、
1回の治療は終了となります。

 頭痛の治療は鍼灸以外でも行えます。
手や指を鍼の変わりにして行う治療で、
この治療は鍼灸よりも長時間で完全にマンツーマンで行うため、
治療効果が高いですが治療費が通常の鍼灸治療よりもかかります。

鍼灸治療  初診料  1500円  治療費  3700円 約30分+問診・診察
指鍼治療  初診料  1500円  治療費  8000円 約1時間+問診・診察

 精神的な不安感や鍼が苦手な方は、
こちらの治療をお勧めします。
待ったく痛み無くリラックスして受けて頂ける治療です。