収録記事
トップ
手技治療各論
トップ

頭痛

 悪性の頭痛は勿論私たちの治療の及ばぬ事もありますが、実際には大抵の頭痛が適切な治療で治すことが出来ます。
頭痛の原因も様々ですが、ここでは特に繰り返し起る頭痛の治療について書いてみます。

1.頭痛には頭痛薬?

 強い頭痛には頭痛薬は欠かせないという人も多いでしょうが、痛みを分からなくするだけでは解決にはなりません。
しかも胃潰瘍などの疾患の原因の中で、案外多いのが痛み止めの服用なのを知っていましたか?

 さらに鎮痛剤は頭だけに効くものではありませんよね?
だって「頭痛、歯痛、生理痛に直ぐ効く○○」なんて言っています。
ということは、薬剤は現在の痛み以外の様々な部位に、同時に働いていると言うことです。

 そうなると、本来炎症反応を起こさなければいけない部位なども炎症が抑えられ、結果としてその部位には血行障害や粘膜障害が残ったままになることがあるということです。 


2.頭痛の鑑別

 同じ頭痛でも、私たちなどではなく直ぐに精密検査が必要な頭痛に脳疾患があります。
よく頭が割れるほどの頭痛とも言いますが、極端に強い頭痛や嘔吐や痙攣、手足の痺れ、ろれつが回らないなどの症状が伴う場合には、迷い無く脳外科に直行して下さい。

 また血圧が極端に上がっている場合なども、脳外科への受診が必要です。


3.治療

 頭痛の治療では、当然頚部の治療が欠かせません。
頭に入る血液をスムーズに通すために、頚部の頚の緊張を適度に弛(ゆる)ませます。
また場合によっては頭部への鍼治療が即効性があります。

 それ以外にも肩背部の治療も重要です。
東洋医学でも、頭や頚を巡る経絡は、肩の周りを通っていることが多いので、この部分の気血の流れをスムーズにすることは、非常に大事なのです。

 また逆上せがある場合には、下半身に血流を誘導するために下半身や腰の治療を行います。
同様の理由で、骨盤の治療を先にすることもあります。