収録記事
トップ
手技治療各論
トップ

坐骨神経痛

 本来、座骨神経痛は病名と言うよりは状態を表す言葉です。
何らかの原因があって、その結果が座骨神経痛という状態が発症するのです。
では何が原因でこのような状態となるのでしょう?

1.坐骨神経とは

 座骨神経は、腰で枝分かれした神経の枝が、骨盤の出口で大きな神経の束となったもので、丁度お尻の外側のくぼみ辺りに位置します。
その太さは親指ほどもあり、非常に太い神経の束です。


2.坐骨神経痛の原因

 坐骨神経痛は様々な原因で起りますが、最も強い症状を発症するのが腰椎椎間板ヘルニアです。
これは腰椎の間にある髄核と呼ばれる軟骨が、圧力によって押し出され、その結果強い抗原抗体反応を起こすものです。

 よくヘルニアは、脱出した髄核が神経を圧迫するというようなことを言いますが、本当に強い症状を呈するヘルニアでは、免疫反応で出る症状だと考え方が良いでしょう。

 これ以外でよく聞くのは、梨状筋症候群でしょうか。
ただ梨状筋症候群も、原因を表すと言うよりは、何らかの原因で梨状筋と呼ばれる筋肉が緊張し、坐骨神経を締め付けることで出る症状ということです。

 またそれ以外の筋肉によっても、案外坐骨神経痛はよく障害されます。


3.治療

 これらの障害の原因を探っていくと、どうも骨盤での関節機能障害が多く見られます。
そこでこの骨盤の矯正や、対症療法として股関節の関節機能障害の矯正や筋肉を弛めてあげると、これらの坐骨神経痛は軽減してしまいます。
筋肉のバランスを長時間保つために、腰部へのテーピング等も行います。