収録記事
トップ
整骨その他
トップ

交通事故の治療

 交通事故の治療は加害者が分かっている場合には、相手方の自賠責保険で行いますので、自己負担はありません。
当院では同意医師の協力の下、急性期症状をいち早く鎮めながら、慢性症状へ移行しないよう全力で治療します。 

 交通事故で多い鞭打ちなども、早く治療することで後遺症を残さず完治させることが出来ます。
また通院日数はその後の慰謝料の算定にも関わりますので、出来るだけ早期から治療を始め、短期間でもしっかりと通うことが大事です。

 一番悪い例は、治療にも通わず放置し、痛みが取れないまま後遺障害認定を受けてしまうパターンです。
後遺障害認定を受けてしまうと、その後の治療は必要ないと見なされ打ち切られます。
しかも慰謝料の査定では通院日数が少ないことから、満足のいく補償はされないでしょう。

 治療期間は短くても、しっかりとその期間治療に通い、後遺症を残さず完治させ、その後補償を受けた方が結果的には満足度は高くなるでしょう。(完全に満足はいかないでしょうが、事故の被害者が満足出来るという補償はないでしょう)

 事故の治療には鍼灸も適応になることがありますが、これは保険会社と被害者の話し合いになることが多いです。
当院でも鍼灸治療で対応する場合もありますが、比較的交渉自体は柔整治療の方がスムーズにいきます。

 湿布や固定は救急処置であって治療とはいえません。
或いは電気治療を加えても満足のいく治療効果は得られませんから、総合的に治療を加える必要があるのです。
無理に筋肉をほぐさず、出来るだけスムーズに筋肉をリラックスさせるよう軽い手技から始め、徐々に関節の可動域を増やす方法で、自己治癒能力を高める方法を行います。