収録記事
トップ
整骨その他
トップ

踵(かかと)の痛み

 踵の痛みに悩む人は結構多いのですが、
その対処法は案外知られていません。
また治療出来る治療家も案外いません。
その対処法とは

1.踵の痛みの原因は?

 踵の痛みの原因は様々あるのですが、
整形外科で最も言われるのは骨棘(こつきょく)です。
これは踵の骨から生えた骨の棘が、
神経を刺激するというものですが、
これ以外にも複数の原因が存在します。

・骨棘(こつきょく):上で書きました。

・血行障害:血の巡りが悪いと踵の周囲は炎症が引きません。
        また踵の周囲は脂肪組織のため血行が悪いのです。

・加重異常:踵へ正常に体重が乗っていないと血行障害を起こしやすく、
        血行障害に繋がります。

・脂肪組織の変形:脂肪組織は本来踵の丸みを作っていますが、
             体重や加齢によりぺっちゃんこになってしまい、
             踵の骨に無理が掛かり炎症を持ちやすくなります。
             骨棘(こつきょく)の痛みを増強します。

2.踵痛の治療

 大きく治療を3つに分けます。

・血行障害の治療...温熱治療、マッサージ、AKAなど

・加重以上の治療...骨盤矯正、バランストレーニング

・脂肪組織の矯正...テーピング

 これらの治療をトータルで行うことで、
踵の痛みは速やかに治療出来ます。
特にテーピングは完璧に施すと驚くほど痛みが無くなります。
正に目から鱗の治療です。
 テーピングを繰り返していると、
テーピングを無くしても踵の丸みが継続するようになります。