収録記事
トップ
整骨その他
トップ

外反母趾

 外反母趾は親指の付け根が内側に出っ張り、
指先が人差し指に乗っかかるように大きく外側に曲がってしまいます。
親指の付け根にある滑液包(関節に栄養を送る袋)が腫れると、
非常に強い痛みも発生します。

 外反母趾のケアグッズは数あれど、
案外効果が出にくくてグッズばかりが増えていく。
そんなことありませんか?

 外反母趾を治すにはちょっとしたコツがいるものです。

1.外反母趾の原因

 外反母趾の原因は足にある様々なアーチの低下や、
重心の過重以上(立ち方が悪い)が殆どです。
勿論そんな状態で幅の狭い靴を履こうものなら、
内側の滑液包が真っ赤に腫れてしまい、
強い痛みを発します。

2.アーチの低下

 アーチの低下がある方は、
タコが色んなところに出来るようになります。

前のアーチが崩れると、
中指や人差し指の付け根の足裏にタコが出来ます。

 足裏の内側アーチ(土踏まず)が崩れると、
親指の付け根の内側にタコが出来ます。
この場合アーチの乱れは踵(かかと)を後ろから見るとよく分かります。

 内側が潰れるため足が全体に外側に傾き、
踵が外側に傾くことになり、
後ろから見るとアキレス腱が外側に曲がって見えます。
これは外反母趾だけでなく、
後々アキレス腱や踵の痛みを出す原因にもなります。

 また内側アーチの低下は下腿の筋力不足でも起こりますので、
少し歩いてもふくらはぎが疲れたり、
足裏が疲れるようになります。

3.グッズの効果は?

 現在多くの外反母趾グッズがありますが、
残念ながら根本的な解決に繋がるようなものはありません。
指の間に何かを挟んでも、
挟んでいる間気持ちが良い程度で、
何も解決はしません。

4.治療

 外反母趾の治療は、

・重心の改善
・矯正
・ストレスの解放

 これらを手技やトレーニングで行います。
重心の改善はバランストレーニングで行います。
矯正は手技とテーピングで行いますが、
それらはその方の状態により変わります。

 また長年癖の付いた歩き方や立ち方で痛んだ筋肉や関節を、
手技で弛(ゆる)めて痛みや日々のストレスから解放します。
テーピングは最初頻繁に替えますが、
最終的にはテーピングなしで過ごせるようになります。