収録記事
トップ
整骨その他
トップ

O脚

1.O脚とは

 O脚は、一般には脚を伸ばして踵とつま先を揃えて立ったときに、膝の部分に大きな空間が出来る脚のことを言います。
医学的にはもう少し難しい定義があり、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)の角度の範囲が一定を越えれば、O脚やX脚であると言います。

 又、筋肉や関節の状態が悪く、力のアンバランスが起こっているものから、老人によく見られる変形性膝関節症まで、かなり広い範囲が含まれます。
ここでは特に、若い方が気にしているO脚、つまり筋肉や骨格のアンバランスが元で起こるものに焦点を当てます。


2.治療

 O脚の治療にはかなり多くの治療法がありますが、ひより堂では主に、骨盤矯正、股関節の調整、ストレッチ、エクササイズで治療を行います。
早い段階で治療効果が見られる方は、1回の治療でも効果が現れますが、基本的に身体は癖が取れにくいものですから、良い癖が付くまでは定期的に治療を行う方が良いでしょう。


3.治療頻度

 治療は最初の1ヶ月は週に1度程度通って頂き、次月から2週に
1回とします。
効果が安定していれば、月に1度程度の来院で様子を見て頂き、問
題なければ治療は終了です。